LINK

契約店舗で全てのクレカが使用できるのではありません。楽天カード申し込み

◇カード会社の加入店は大抵、二つ以上のクレジットカード会社に入っていますが一軒一軒の契約店舗であらゆるタイプの決済できるのでもありません。

例をあげれば旧態然とした契約店舗の際にはJCBのマークの付いているクレジットカードしか使用できない場合もありますし今日日の加盟店舗だとVISAやマスターカードといった印のついているクレカだけしか決済できない場合もあります。

ディスカバーのようなカード会社の場合はもっともっと切れない場所が多いでしょう。

何の所有クレジットカードが決済できるかをどうやって判断したらいいの「ならどのような方法でどの印の所有クレカが使えるかを見分けるといいの?」といってはみたもののきちんとしたことを判断するとしたらお店の誰かに問い合わせてみるのみしかないというのが実は正解。

とはいっても大体の売り場やホテルには加盟店の見える場所に決済できるクレカのブランドがプリントされている加盟シールが掲載されていることから、「なるほどあそこのレストランではVISAカードが使えるんだな」というふうにわかるようにされてるから確認してもらえると思います。

反対に、正しく確認が出来ていない加入店舗のような場合にはシールが掲げられている店舗でも「今はお客様のカードはご決済いただけません」といった対応を受けるなんてこともありメンツをつぶされてしまう場合だってあるでしょう。

やはり可能な限りは十分な数の加入店舗でクレジットカードが切れるようにしたいのならば異なる種類のグループ(欧米圏の会社)がプリントされている一般的なビザカードJCB、アメリカンエキスプレスカード、等のクレカを2枚以上契約するようにしたほうがよいと思います(例えば:ニコスカードを契約しているならもう一方はアメリカンエキスプレスカード付きのクレジットカードを契約するとする等)。

特に国内においてはVISAカード、マスターカード、JCBカードの3つのロゴが書かれているクレジットカードを常時携帯しておけばおおよそ99%以上のカード決済可能店舗でなにがしかのクレジットカードを差し出すよう準備万端というわけです。

クレカを使用して効率よくカードライフを継続していくには、言うまでもないがどんな場面でも支払い可能なカードを申し込んでおいていただくことをお勧めします。