LINK
第一に、破産を請求するまでの間では借金のある当人に対して電話を使用しての返済要求と、借金のある当人の住んでいる家への訪問での返済要求は違法行為というわけではないと考えられています。それから、自己破産申請の作業に進んでから時間が費やされた際には債権保持者は取り立てを行ってくる危険が増加します。債権保持人側としては債権の返納もせずになおかつ自己破産といった司法上の処理もしないといった状態であれば団体の中で終了処理を行うことができないからです。また、債権者の一部はエキスパートに依頼していないとわかったなら相当きつい回収行為に出る会社も存在します。司法書士の方または弁護士の人に助力を求めたときには、各債権保有人は当人に関しての直接要求を実行することができなくなります。SOSを受け取った司法書士事務所や弁護士の人は要請を担当するという中身の手紙をそれぞれの債権者に送ることとなり各権利者がその郵便を確認したときから返済者は取り立て会社による無理矢理な取り立てから解放されるという流れになります。さらに、勤め先や実家へ訪れる返済要求は条項で許されていません。事業として登録してある企業ならば父母宅へ訪れる収金はルールに抵触するのを認知しているので、違法だと言ってしまえば、法外な返済要求を続けることはないでしょう。自己破産の申請後は、破産者に向けての徴集を含めてすべての収金行為は禁止されていますから、債権者による徴集行動は音沙汰なくなることとなります。とはいえ、それを知りながら連絡してくる取り立て企業もゼロとはいえません。事業として登録を済ませている企業であれば自己破産に関しての手続き後の取り立てが貸金に関する法律のガイドラインに抵触するのを気づいているので、違法であると伝えてしまえば、取り立てを継続することはないと言えます。といっても、裏金と言われている不認可の企業については常識外で、危険な取り立てのせいで事件が増加し続けている情勢です。闇金が業者の中にいるかもしれないときは絶対に弁護士の人や司法書士事務所などの法律屋に助力を求めるのがいいと考えます。