LINK
為替介入(外国為替平衡操作)というのは耳にした事がありますか?日本銀行が為替介入をして新聞、雑誌、テレビのニュースグーグルのニュースで見た方もたくさんいるでしょう。外国為替平衡操作(為替介入)というのは我が国においては、・大臣(財務大臣)円の相場の安定性を実現するために遂行する手段と使われています。わかりやすく言えば、かなりの円高や円安になった時に財務大臣の命令が出ると中央銀行である日銀が円を取引することで為替の相場を安定化させる、ということです。為替介入(外国為替市場介入)とはやり方が何通りかあるのです。1.単独介入・・・行政または日本銀行が、東京での市場において自分から市場に入って来て為替介入を行なう。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが協議し、それぞれの通貨当局の持ち金を用いて同じタイミングないし随時為替介入(外国為替平衡操作)して行く。3.委託介入・・・異国の通貨当局へ向けて外国為替平衡操作(為替介入)を託す。4.逆委託介入・・・日本銀行が国外の銀行などと代わって為替の介入を実行する。このようにやり方です。どのケースの為替介入(外国為替市場介入)もその場、またはしばらくの間為替レートに大きな影響を与えるでしょう。為替介入(外国為替市場介入)の資金は当然のことですが威信をかけて行なうだけに段違いなのです。円を元にしてみると、日頃は数銭単位で変動している円相場が唐突に数円単位の変動をします。投資家の方でしたら今までに体験したと思うのですが、ここまでは期待通りに含み益(もしくは損失)が増えている保有高をキープしていたところに、保持している持ち高が決済しましたとのことで情報が業者の発信でメールが来ました。どれだけの儲けかな(赤字になったのか)?と思いながら決済データを見たら、自ら考えていたのとはまったく反対の事になりびっくりしたとのことがよくあります。介入が行なわれるとよくある話なのです。この例のように為替介入(外国為替平衡操作)を施行すると、市場の動向とまったく逆の動きをすることがわかりました。なおかつ動く金額の大きさはかなり大幅に変化しますので注意が必要です。